2010年 幕張メッセで行われた

国際放送機器展において

株式会社ONZUの平野社長に

プロトタイプの参考出品をして

いただいた際

レコーディングスタジオ 放送局 

店舗設計の方々より量産を促され 

KOON Speaker

を立ち上げることになりました

 

これまでにない先進性を備えた

スピーカーということで 

サウンド&レコーディング

マガジン2011年1月号に

掲載していただきました

 

 

 

 

400STと名付けられたパワードタイプの

ミッドフィールドモニタースピーカーです

 

 

現在Spincorster Music Barにある400NTは ネットワークを内蔵したパッシブタイプの

3ウェイスピーカーです

お好みのアンプでドライブできます

ぜひSpincorster Music Barで

試聴していただき

お気に召されれば ご連絡ください

 

 

 

 

 

3次曲面アルミニウム鋳造エンクロージャによる内部定在波の起きにくいデザイン

吸音材が必要ない形状なので低音のアタック感 レスポンスの再現性に優れています

レコーディングエンジニアが苦心してキックとベースで音作りしたグルーブを

損なうことなく感じることができます 作り手の気持ちをそのまま伝えたいという

KOONスピーカーのコンセプトを表しています

各スピーカーの位相を合わせ 完全な球体のバッフル上に

独自開発のアウトバーテッドウーハーを搭載しています 

従来型のスピーカーユニットと違い 音が全方位に広がる形状をしているため

物理的にこもりが生じにくいユニットになっています

とても6.5インチのウーハーから出る低音とは思えない重低音です

曲面デザインとアルミエンクロージャで共振を少なくした成果です

こもりの少ないキレの良い重低音をお楽しみください

 

 

 

現在400NTはデザインをリニューアルし

より回折効果のある曲面に仕上げてあります

 随時性能の向上を図っておりますので

スピーカーユニットの材質 マグネットの

改良など変更する可能性があります